起立性調節障害…不登校や朝が辛いなどに効果あるサプリ知ってますか?

起立性調節障害とは、自律神経失調症の一種。日本の中学生の約10%にみられ、
特に思春期の女子に多いとされる病気です。

近年、症状がみられる子供の数が徐々に増えており、辛くなり不登校にもなりかねません。

起立性調節障害の症状を抑えるにはLテアニンという成分が効果はあるとされてます。
きちんと医学論文にも掲載されています。

Lテアニンを200mg摂取すると朝のだるさなどが改善しやすくなると証明されています。

起立性調節障害の症状としては子供が不登校になった、朝や午前中の調子が悪い、急に立つと立ちくらみになる、朝がとにかくつらいしだるい、電車で立っているのが辛い、乗り物酔いがひどい、子供の学力低下などです。

その兆候が年々増えて特に中学~高校生(特に女子)に多く見られます。

そこでLテアニン220mg配合された「キリツテイン」は起立性調節障害のために開発されたサプリメントです。

お子さんの人には言えない悩みを解消するお手伝いに「キリツテイン」サプリをオススメします。

単品より各コースだとお得な値段ですので症状に合わせてみてはいかがですか?

ホームページにはお客様のレビューが沢山掲載されてますので詳細は以下の公式サイトへ